メンタルリンク

実績&受講者の声プロフィール
> 実績&受講者の声プロフィール

実績
(一部)

<出向先>

企業
ミリアルリゾートホテルズ株式会社・三井化学株式会社・三井物産株式会社・静岡銀行・日本たばこ産業株式会社・スクウェア・エニックス株式会社・大和ライフネクスト株式会社・リクルートコミュニケーションズ株式会社・首都高速道路株式会社・SMBC日興証券株式会社・HOYA株式会社・NECソリューションイノベータ株式会社・ENEOSグローブ株式会社・株式会社NTTファシリティーズ・伊藤忠アーバンコミュニティ株式会社・株式会社東京個別指導学院・北野建設株式会社・WAO!!STYLE株式会社・株式会社シンカ・株式会社イシダ・株式会社クラーチ・株式会社日本カウンセラー学院
官公庁・学校等
厚生労働省・人事院・公正取引委員会・衆議院・東京都・藤沢市役所・独立行政法人国際協力機構・宇宙航空研究開発機構・埼玉県臨床心理士会・社会保険診療報酬支払基金・埼玉県社会福祉事業団・ 学習院大学・大東文化大学・首都大学東京(現:都立大学)・東京都教職員研修センター・東京都教育庁八丈出張所
その他
東京商工会議所・リクルートマネジメントスクール・一般社団法人日本産業カウンセラー協会・さんぽ会(産業保健研究会)・NPO法 顧客ロイヤルティ協会

他多数

<メディア等>

2019年5月「ダ・ヴィンチニュース 読みたい本がここにある」で
『怒る上司のトリセツ』が紹介されました

2019年8月 ホームページSTORYに
インタビュー記事「会社員時代に培った“社会性”を強みに 独自の道を拓くカウンセラー」掲載
インタビュー記事イメージ

2020年4月 日本産業カウンセラー協会 東京支部ホームページ
「こころのレシピ」に「怒りの収め方を知りたい」を掲載

2020年5月 日本産業カウンセラー協会 本部ホームページ
特集「新型コロナウイルスによる不安やストレスなどの心の問題に対処するために」
に「怒りの感情と上手に付き合うためのアンガーマネジメント」
を掲載

2020年5月 週刊ダイヤモンド(2020年5月16日号)
「職場のハラスメント対策」にインタビュー記事掲載
インタビュー記事イメージ

<公開講座>

リクルートマネジメントスクール
【管理職・リーダー向け】感情と上手に向き合うアンガーマネジメント ~適切な叱り方とチームビルディング~

日本産業カウンセラー協会東京支部
カウンセラーのためのアンガーマネジメント講座

研修参加者・企業の声

<共通>

  • 面白かった。
  • 学んだことをルーティンにしたい。
  • 営業として大事な目的に気づけた。ハラスメントを起こすことや、心の健康が営業に大きな影響を与えるので心がけて取り組みたい。
  • ケーススタディが多くて、考えたあとに、解説をいただくという形がよかった。
  • 実例と考える時間があったので、とてもわかりやすかった。
  • 講師の方の話も分かりやすく,これからの仕事環境を考えていく上では大切な話だと思った.
  • 分かり易かった、声のトーンやテンポがよかった
  • 講師の音量、声量が分かりやすい。

<メンタルヘルス>

  • 自分の心の状態を確かめる方法もわかったので実践できる。
  • 歩行時、歩きスマホやタバコが邪魔でずっと気になっていたが、リズム運動を意識し息抜きするようにする。
  • 今日から入社して研修が辛く感じたことがあったが、考え方を変えれば気分も変わると気付いた。
  • 実際今精神科に通っているのだが、最近は朝起きてもカーテンを開けていなかった。起きたらカーテンを開ける習慣を身に付けたい。
  • ストレス解消法が見つからなかったので他の人から聞いていいなぁと思ったものは取り入れようと思った。
  • とにかく人と人とのつながり、会話することは大事だと思いました。
  • もっと他人と話そうと思った。
  • ストレスをなくすのではなく、上手に付き合えるようになりたい。
  • 呼吸法は意識してやるとリラックスできることが実感できた。
  • 最近、内省も傾聴もしていなかったことを少し反省した。
  • 管理職の立場としての対応等研修でしか聞けないことも多く良かった。職場のメンタルヘルス担当者として大変参考となった。今後、職場内の不調者とどう接していけばよいかが分かり良かった。
  • 対象者と話し合う機会を増やすことの重要性を学んだ。身近な案件であり、必要な知識を得ることができ た。今後に生かしていきたい。職場には鬱の人はいないが、早期発見、早期介入の重要性と、どのように 対応したらよいかを分かり易く講義していただいた。

<ハラスメント>

  • ハラスメントが怒らない職場にするためにも承認が必要だと感じた。中間管理職的立場となり社員の特性を理解する上で承認がとても勉強になった。
  • 自分自身を見つめなおせた
  • 知らなかったことが多かったので受講してよかった
  • パワハラやセクハラについて理解できた
  • 自分にとって予防のために取り組まないといけない現在進行形の講義であり、とても参考となった。
  • ハラスメントはマネジメントを行ううえで、業務以上に最低限守らないといけないものであるため必要性を感じた。
  • パワハラやセクハラ等に該当するかどうかや、部下への指導の仕方等、今まで知らなったことについて、ご教示いただき、大変参考になりました。・まずは普段からのコミュニケーションが大切だと感じました。具体的なスキルも教えていただいたので早速やってみます!
  • 同期同士でもハラスメントになる可能性があるため、必要な講義と感じた。
  • (企業様より)法改正の内容、パワハラの定義や判断基準をわかりやすく教えて頂き、大変有意義な時間でした。
  • (企業様より)今までたくさんの講師の方にハラスメント対策研修をお願いしましたが、これほど学びが多かった研修はありませんでした。ありがとうございました。
  • (3カ月後、企業様より)以前●●(別団体)で宮本先生に登壇していただき、大変好評だったので弊社に来ていただきましたが、お呼びして本当によかったと思いました。社員の顔が変わったと思います。日ごろの職場の人間関係が大事であることがわかったのか、声掛けの仕方・頻度が良くなってきました。少し笑い声も聞こえるようになって、ホッとしています。
  • 実際にそのような場に遭遇した際の対処の仕方等、解決に向けた方策が示され、参考となった。
  • 昨今のハラスメント問題はヒステリックに何でもハラスメントのレッテルを張り付けて黙らせるという印象だったが、線引きの仕方を示されていたので中立的で参考になった。
  • 是非幹部の方々にも受講していただきたい。
  • ハラスメント研修としては、以前まで毎年受けさせられていた無味乾燥極まりない研修とは異なり、身につくものであった。

<怒られ方マスター>

  • クレーム対応に活かせそう。
  • なんで怒られないといけないのか意味がわかりました。
  • 今回の研修で行わなかったことなど深く知りたい。
  • 他人の感情に巻き込まれないよう第三者的な視野を持って接したい

<アンガーマネジメント>

  • チームメンバーそれぞれの価値観を理解し合い、活かせるようになった
  • 生産性の向上につながった
  • パワーハラスメントが起こらなくなった
  • 「怒ってはいけないのではなく、怒りと上手に付き合う」考え方がとても新鮮だった。
  • (企業様より)アンケートではアンガーマネジメント部分もとても勉強になったという声が多かったです。
  • 具体的事例の説明が良かった
  • べきのすり合わせワークを職場でもやりたい。
  • 批判し合うのではなく、未来志向で職場を変えていけると思った。
  • この研修は必須にしてほしい。お金や地位よりも働く環境の充実が求めている社員が多いと思う。上層メンバーは受けてほしい。
  • 職場の同僚同士でそれぞれのべきを出し合いたい。
  • 仕事以外にも役立つ
  • もっと長時間かけてじっくり聞いてみたい。
  • アンガーマネジメントの講義を受講するのは初めてだったが、非常に参考になった。
  • 価値観の共有ワークを現場でやればチームワークがよくなると確信しました!
  • ワークでお互いの違いがとてもよくわかったので、びっくりしました。イライラする前に部下をもっと理解しようと思いました。
  • 職場の人間関係を考えるにあたって、自分の気持ちのマネジメントも心掛けたいと思った。
  • 1on1で使いたい
  • 自分がどの程度なら許せるか許せないか知ることが大事
  • 周りもこの研修を受けてほしい。
  • 怒りの感情と上手に付き合えればよいエネルギーになると感じた。
  • チームワークを高める材料にします。
  • チームのいざこざ確実に減ると思う。
  • 人間関係の問題のアプローチにしたい
  • トレーニングします。
  • イライラの頻度が高いが行動のコントロールで上手く付き合えそうです。
  • 怒りを客観的に見ることができた
  • (研修受講3カ月後のアンケート)受講後、職場のメンバーにアンガーマネジメントを実践すると宣言しました。意識して生活したら自分が楽になりました。上手くいかなかったこともあるけど、部下が本音で話してくれるようになった気がします。

ページトップへ